ゴールデンカムイは日露戦争直後の時代を舞台とした歴史物の漫画です。同時に北海道・樺太の大自然を描いた冒険ものでもあり、その中で登場人物たちの争い、戦いが組み込まれています。主人公は杉元という日露戦争帰還兵と、アシリパというアイヌの少女です。杉元は砂金の採掘のため北海道に来ていた斎際、偶然アイヌの埋蔵金の話を耳にします。その時にヒグマに襲われた杉元を援けたのがアシリパでした。

杉元は少女にも関わらず、北海道の大自然の中でヒグマを倒すことの出来るアシリパのサバイバルノウハウに着目して、先のアイヌの埋蔵金を探す話を持ち掛けます。アシリパは亡くなったとされる自らの父親が、その埋蔵金を巡って殺害されたという経緯があり、杉元の申し出を受けて埋蔵金を探すたびに出る、というのが開始からの流れでした。手掛かりは網走監獄から脱俗した囚人の体に刺青として彫られた暗号で、その刺青人皮を集めながら実はアシリパの父は網走監獄で生きているという情報を掴み、同刑務所を目指すという物語です。連載ではこの後杉元とアシリパは網走監獄潜入の際にはぐれ、最近ようやく樺太で再会出来そうな展開となっています。